創業100年を超える企業が世界で最も多い国、日本。
人だけではなく企業も長寿を誇るこの国では、創業100年を超える老舗企業が何と2万6千社を数えます。(帝国データバンク調べ)

100年の歴史の中には、戦争や大不況、天変地異といった経営に致命的な打撃を与えかねない事象がいくつも発生します。では、なぜ日本にはこれだけの老舗企業が存在しえたのでしょうか。そのノウハウは、きっとこれからの経営にも有用なはずです。

老舗企業では、経営承継といわれる「経営のバトンタッチ」に何度となく成功しています。私たちは、老舗企業研究を通じて、その成功の秘訣についてひとつの回答を得ました。そこには、素晴らしい理念と、強固な顧客基盤があることは確かです。それに加え、もう二つの重要な要素がありました。

それは、「時代に対応する柔軟な戦略力」と「仕組みで動く経営」を実現していたことです。これは、ベンチャー企業や中小企業がダイナミックに成長をしていく上で、欠くことのできない経営の核です。

私たちは「成長エンジン構築パッケージにより」、少ないリソースでも「飛躍を可能にする成長戦略」の構築と、業績と社員の成長をもたらす「仕組みで動かす経営」の実現をサポートいたします。これからの企業の発展に、ぜひ百年経営のノウハウをご活用ください。

成長戦略プログラムのイメージ
仕組み経営プログラムのイメージ
経営参謀育成プログラムのイメージ